Skip to content

瞽女さんって?

瞽女さんって?

瞽女と書いてゴゼと読む。盲目の女性を意味するこの語は、遠い時代の女性芸能者、白拍子の静御前などのゴゼンに由来するといわれている。

瞽女。盲目の女性の身で、旅をし、唄をうたい、僅かな米銭を得て生涯を送った門付け芸人たちである。ジプシーとは違うといわれるが、中世ヨーロッパで英雄譚などを語り歩いた吟遊詩人(ミンストレル)や我が国の琵琶法師にも比せられる。その発祥は平安時代にさかのぼるとも言われ、少なくとも400年以上にわたって各地の農村で歓迎された存在だった。
この映画は昭和46年(1971)、新潟県高田(現上越市)に健在だった最後の瞽女、杉本キクイさんら三人の日常の暮らしと、文字通り最後の旅となった一日の記録を通して、かつて土地に縛り付けられていたような農村の人々との交流の様子を描いている。

瞽女は盲目であるゆえに文字文化の埒外にあったが、その伝え来たった唄の長さは尋常ではない。昼の間、一軒一軒の軒先で唄う門付け唄こそ短いものだが、夜は各村の豪農宅に宿泊、村中の人を集めて一曲一時間になんなんとする物語唄を披露する。

映画に登場する瞽女たちは、そうした唄を五十以上も記憶保存していた。文字文化以前の《口承芸能の生きた化石》と称されるゆえんであろう。福祉や教育の手が差し伸べられなかった遠い時代から、瞽女たちは自らの手で独自の組織をつくり、こうした活動を続けてきた。観客である村人たちも慈悲や同情とともに敬意を持って瞽女たちの暮らしを支えてきたとも言える。

瞽女が姿を消して半世紀近く経ったが、これは決して過去の記録ではなく、未来のあるべき社会のモデルであるとさえ思えてくる…
(伊東喜雄)

No comments yet

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: