Skip to content

[ 内容変更のお知らせ]12/12 第5回のテーマは「メディア」、「市民」、「伝える」です

2010年12月11日

[お客様へ]お詫びと変更のお知らせ

ドキュメンタリー映画の上映会と座談会 「瞽女を継ぐ者〜新しい市井の発信者達〜」
ゲストの都合により内容を変更させていただきます。
主催者より心からお詫び申し上 げます。
なお上映のみ予定どおり行います。
12/12/日/14:00〜 「瞽女さんの唄が聞こえる」上映会

終了後、お時間のある方は、
伊東監督との座談にご参加いただけましたら幸いです。

参加費 500円(チケットをお持ちの方には500円返金いたします)

この回のみのためにチケットをお求めいただいた方は、払い戻し可能です。不明な点はお問い合わせください(黒崎)。

Eメール: acn94264@par.odn.ne.jp
電話:03-3641-8275(火曜休館)13〜17時
ファクス:03-3820-8646

もんてん瞽女プロジェクトも、いよいよシリーズ後半。残り2回となりました。

5回目となる今回のゲストは、TVキャスターとしても知られるジャーナリストの下村健一さん。

下村さんには、市民メディア・アドバイザーとしての視点から「瞽女を継ぐ者~新しい市井の発信者達~」というテーマで、瞽女という存在が教えてくれる、市民メディアのあらたな可能性についてお話しいただきます。

前回の座談会でも、会場から「村に情報をもたらしてくれた瞽女」ということへの発言が相次ぎました。

民俗学でいうところの「マレビト」としての瞽女さんは、村々を回ることでさまざまな情報を運んできました。それは大メディアとは異なる作風、文体を持つ、市民メディアの情報伝達方法に重なるのではないでしょうか?
下村さんが考える、市民メディアと瞽女との共通性とは…。
瞽女の視点を現代に持ち込んでみると、その先に何が見えてくるのか…。

下村さんが紹介してくださるNPOのビデオを見ながら、
「現代の瞽女唄」ともいえる市民メディアの情報発信について、会場の皆さんとともに話を進めていきたいと思っています。ぜひご参加ください。

なお、今回はシリーズ番外編、4月の「高田瞽女ツアー」についてのご案内もいたしますので、お聴き逃しなく!

Advertisements

Comments are closed.

%d bloggers like this: